2017年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.06.10 (Wed)

同人誌の作り方について

えーと、最近。検索かけて訪れてくださってる方多いので……。
と思ったら夏コミが近いのですね!?皆さん頑張れ!!!!

『同人誌の作り方』ではフォトショップでの同人誌の作成(主に小説)について書いております。
ただし、自己流なので、あまり参考になってないかもしれません。

こんな説明で分かるか!!!!

とか思われましたら、気軽にコメントでもなんでもいいので、
よろしければ教えてくださいませ。

スポンサーサイト

テーマ : 二次創作 - ジャンル : 小説・文学

01:17  |  同人誌の作り方~データ原稿編~  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.05.17 (Sun)

同人誌の作り方~データ版番外編~

グレスケールとモノクロ二階調の違い

今まであまり何も考えずにデータ原稿とかを作っていたので、気にしたことがなかったのですが。
モノクロ二階調とグレスケールの違いについてです。

小説データを作るときはあまり関係ないモードなのですが、マンガ原稿とかをつくられたり、イラストを小説に挿入されるかたは少し注意しなくてはならないかもしれないです。

まず、簡単に何が違うかというと、
グレスケールは

・ベタ塗り

モノクロ二階調は

・点状

のデータだということです。


ある、印刷会社様のパンフレットの説明によると、
グレースケールは「ベタ面で濃度の違いを表したもの」でモノクロ二階調は「黒のみでアミ点形状の大小によって視覚的に濃淡を表したもの」だそうです。

なので、印刷するときに、モノクロ二階調の場合は、解像度によっては点が潰れてしまい、汚く印刷される場合があるみたいです。
だから、モノクロ二階調で入稿の方はグレスケールよりも高い解像度で原稿を作る事をお勧めします。
わたしは、モノクロ二階調を使った事がないのでなんともいえないのですが。
どちらのモード形式がいいかは一度印刷会社様にご相談されたほうがいいかもしれません。
文字だけの場合はそんなに変わらないと思うのですが、トーンを多様される場合、グレスケールとモノクロ二階調の得意不得意があると思うのです……。

こ、こんな説明しかできず、本当に申し訳ございません。
わからねええええーーーよ!!!!!という方は仰ってください。
がんばります(笑)

テーマ : 腐女子日記 - ジャンル : 日記

22:06  |  同人誌の作り方~データ原稿編~  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008.11.19 (Wed)

同人誌の作り方7

本文用データ原稿(小説版)の作成の仕方 その3
※注意 このデータ原稿を作るときに使っているソフトはフォトショップ7.0です。さらにモノクロ原稿で、グレースケールで作成し、原稿サイズは『A5』となっております(B5はサイズ表記のみ)。


★☆内枠線と仕上がり線をひいてみる☆★

さてまたまたガイド線です。今度は原稿用紙に内枠線と仕上げ線をひきます。
この内枠線と仕上がり線ですが、なんだそれ……と私はパンフレットを読んだときに思いました。
簡単に言うと、

内枠 : この中に、マンガだったらマンガのコマ、小説だったら文字を書いたら絶対に印刷のときに切れたりしないよ!!安心してくださいという安全エリアです。

仕上がり線 : 断ち落とし3mmを切り落として実際にできあがる原稿の大きさを示しています。もし、このエリアに絵や文字があったりすると切れたりする恐れが!?

下に内枠線と、仕上がり線を引いたものを作ってみました。

原稿11

緑の中が内枠エリアです。
ピンクのが仕上がり線エリア。仕上がり線の端っこの(断ち落とし3mmのガイド線に接してるところ)ところには絶対に文字や切れたりしたら困る絵がかからないようにしてください~。

内枠の大きさは122mm×188mm
仕上がり線の大きさは148mm×210mm

となっています。
なので、ガイドを引くときは、

垂直 : 16mm、138mm
水平 : 18mm、198mm

と入力すれば、内枠と仕上がり線の両方がいっぺんにできて、下図のような形になると思います。

genkou8

ここまでくれば、ほぼ準備完了です!!

そこで、引いておくと便利なガイド線を書いておきます。
これはあくまで私のやりかたなので、面倒くさいな~とか、別にわかるからいいや!という方は引かなくても大丈夫だと思います。うん、ガイド線面倒くさいですよね・・・…。

水平に真ん中の線!真ん中ということは水平108mmにあたる線ですね!
あとはその3~5mm下に水平のガイド線を引きます。
これは文章を二段組にしたときに役に立ってくる線…だと思います。
(真ん中線の3mm下に引く場合は水平111mm、4mmは112mm、5mmは113mmですね)
下画像参照(この画像では真ん中線から下水平3mmにガイド線を引いてます)


genkou9


genkou10


上にタイトルをつけられる場合、文章をいれる場所と、タイトルの間に隙間(?)幅を取ったほうがいいので、2mmくらいの幅をつくります。
先ほど引いた水平18mmの線から下に2~3mmほどのガイド線を引きます。

genkou11


これは後でもできる作業なので、タイトルとか文字を入れる段階になったときにでもまた書きたいと思います~。





自分で書いてて段々ややこしくなってきました。
一番自分が理解できていない。はたして大丈夫なのだろうか……。

次はテキストボックスをいれて実際に文字を入れていきます。






テーマ : 腐女子の日記 - ジャンル : アニメ・コミック

23:33  |  同人誌の作り方~データ原稿編~  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008.11.14 (Fri)

同人誌の作り方6 ~原稿編~

本文用データ原稿(小説版)の作成の仕方 その2
※注意 このデータ原稿を作るときに使っているソフトはフォトショップ7.0です。さらにモノクロ原稿で、グレースケールで作成し、原稿サイズは『A5』となっております(B5はサイズ表記のみ)。


★☆新規作成で原稿用紙を作ってみる☆★

~データ原稿用紙のサイズ~
さて、フォトショップで原稿用紙を新規作成するのですが、ファイルの新規作成を選択してください。すると、下のような画面が出ると思います。

gnkou-m1



『ファイル名』 : これは分かりやすいものをつけてください。今回は『原稿』としました。

『ドキュメントサイズ』 : これは『カスタム』でいいと思います(たぶん…)

『幅(横)』 : これは『154mm』です。『pixel/inch』表記では分かり難いので、もし単位が『pixel/inch』になっていたらタブを使って、『mm』を選択してください。その後に、『154』と入力してください。(分かりづらくてすいません。あの下三角の矢印ってタブですよね…)

『高さ(縦)』 : これは『216mm』です。幅と同様もし、『pixel/inch』表記になっていたら、『mm』にしてください。

『解像度』 : 『pixel/inch』のままで『400~600』くらい。
印刷所により、解像度は違いがありますので、あらかじめ使われる印刷所のデータ入稿の注意点を調べておくといいかな~と思います。
私は最大の『600』で作成していましたが、『400』でもモノクロ原稿(マンガ原稿は別にして)だと、あまりかわりません。『600』だと重すぎるので、パソコンによってはフリーズする可能性が……。
また、モノクロ二階調とグレースケールというモードの違いで、この解像度も変わってくると思います。
なので、解像度は印刷屋さんの指示に従ってください~。
ついでに今回は解像度『450』で作成していきます(画面では『350』になってますが・汗)

モード : これはグレースケールかモノクロ二階調を選んでください。また、このモードですが、印刷所さんによってモノクロ二階調のデータがだめだったりとかするので、これもそれぞれの印刷所さんのデータ入稿のマニュアルを読んでください。
今回は『グレースケール』で作成していきます。

下にある『内容』ですが、白、背景色、透明と三種類あると思うのですが……『白』でいいと思います。
透明だと見えづらくなるかもしれません。


ここまで設定できたら、『OK』をポチっと押してください!
すると真っ白の何も書いていない画面が出てくると思います。
(B5原稿を作成されたい方はサイズを幅188×高さ263で作成してください)


~ガイド線を引く~
さて、この長方形の真っ白いのに『ガイド』という線を引いていきます!!
『ガイド』というのは青い線です。
『ガイド』の線を引くとこんな感じになります。

本文用原稿用紙

これはちょっとたくさん引きすぎてるのですが、この青い線が『ガイド』です。
このガイドをつかって『天地左右断ち落とし』の3mm分がどこかにあたるのか印をつけていきます。
※注 ガイド線は印刷に出ないので安心してください。


ガイド線ですが、『ビュー』というところにあります。
そこで新規ガイドというものを作っていきます。まず、垂直(天地左右断ち落としの『左』にあたる)3mmのガイド線を引いてみたいと思います。


genkou2


genkou3

垂直3mmにガイドがひけました!!
これを垂直と水平方向…つまり上下左右にひいていきます。
最初の左は『3mm』で大丈夫ですが、次の右側は垂直方向『151mm』です。
上側は水平方向『3mm』で下側は水平方向『213mm』と数値を入力してください。
右側と上側分はそれぞれ154-3=151mm 216-3=213mmと計算しています。
(B5サイズの場合は垂直=3mm、185mm 水平=3mm、260mmで上下左右に引けると思います!)

四辺ともひけたらこんな感じに!!

genkou4

もし、ガイド引くの失敗した~~~という場合はおなじビューの中にある『ガイドを消去』を選んでください。もしかしたら全部消えちゃうかもしれません……そ、その時はやり直しを!


これで『天地左右断ち落とし』の3mm分の目印が出来ました!
ここは製本時に切り落としてしまう部分なので、ここはいらないんだよ~という目印に色をつけておいてもいいと思います。

genkou7


~もし画像が『背景』モードになっていたら?~
さて、ここまできてなのですが、新規作成したときに、もしかしたらデータが背景になっている可能性があります。

genkou5

そんなときはこの『背景』を設定変更したがほうがいいとおもいます。背景を普通の『レイヤー』へ変更します。ツールバーのレイヤーから新規で背景からレイヤーへというのを選択してください。

genkou6

背景になっていてももちろん画像を編集できますが、もし、間違って色をつけてしまったりとか、文字を書いてしまったりしたときに、直しがききません!
なのでレイヤーにしてしまったほうが間違ったときとかに便利だと思います。
レイヤーというのが画像の一つのカテゴリー(?)みたいなのになるので、このレイヤーには色をつけよう!このレイヤーには文字を書こうというように重ねていく事ができます。
もし間違っても、そのレイヤーだけを廃棄したり、編集したりできるのでとても便利です。(書いててよくわからなくなった)


次の更新もガイド線のことになると思います。面倒くさくてすいません。



テーマ : 腐女子の日記 - ジャンル : アニメ・コミック

00:39  |  同人誌の作り方~データ原稿編~  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008.10.29 (Wed)

同人誌の作り方5~原稿編~

本文用データ原稿(小説版)の作成の仕方
※注意 このデータ原稿を作るときに使っているソフトはフォトショップ7.0です。さらにモノクロ原稿で、グレースケールで作成しています

★☆作成する上での注意☆★

~本文用データ原稿用紙のサイズ~

データ原稿は基本的に原寸大です。
つまりA5の大きさの本を作ろうと思うと、A5の大きさのデータ原稿用紙を作成しなくてはなりません。
A5ってどれくらいの大きさだ!? というと横148mm×縦210mmです。ワードのページ設定でA5を選択してくだされば、大きさが分かると思います。



~天地左右断ち落としについて~

さて、ここでややこしいのですが、原稿用紙(紙とデータ両方)は上下左右を製本する段階でバチンっと3mmほど切り落としてしまいます。なんでそんなことをするのかはよくわかりませんが、恐らく大きさをそろえるため(?)と勝手に解釈しています(←ダメだ)
きっとはしっことかの汚い部分がでないようにするためじゃないのかなぁ…とか。
なので商業誌のマンガとかで途中で絵が切れていたりするのは、この天地左右断ち落としといった行為のためだと思います。
つまり、A5の原稿用紙をデータで作成しようと思うと、148×210の大きさだけじゃダメ!! ということになります。上下左右に3mm分の大きさを含んだ横154mm×縦216mmで作らなくてはなりません。
実際は面倒くさいのでフォトショップやイラストレータで新規ファイルで作成するよりも、印刷会社がネット上で配っているデータ用原稿用紙を使用してください(笑)
印刷会社が配っているものは天地左右断ち落としの3mm分を含んだ大きさの原稿用紙になっています。


★☆最初に必要なもの☆★

~小説のデータ~

データ原稿を作る上で必要なものは書きあがっている小説データです。
つまり、これを本文といいます。
ワードもしくはメモパッドに書いてあるものを使います。コンピュータの処理速度とか負担とか色々なことを考えると、アクセサリやフリーソフトのメモ帳とか比較的負担の軽いものに書いておくといいと思います(私はワードを使っていますが、フォトショップを起動させるとものすっごく重くなるのでお勧めしません)


~データの原稿用紙~

データ原稿を作るのに必要なものはデータで作成された原稿用紙です。
印刷所などに無料で配布してあることもあります。
私は自分で作成していましたが、なかなか面倒くさいのでお勧めしません。

データ原稿や、作り方が詳しくのっている印刷会社様(一部)

緑陽社様(左フレームの下のほうの「作成資料」に原稿用紙があります)
サンライズ様(注 ダウンロードの「本文データ作成用フォーマット」がデータの原稿用紙になります)
金沢印刷様(ダウンロードの原稿用紙→下から二番目の「規格サイズ」が本文用原稿です)
栄光様(ダウンロードサービスに原稿用紙や色々なものがあります。モノクロ原稿は「単色本文」と書かれたものになります)
フリーク様
(ダウンロードから。本文原稿「モノクロ2値」と「グレースケール」の二種ですがどちらでもOKです)

探せばまだまだでてきます。この印刷会社さんがいい!! 是非使ってください、というわけではないので、自分の分かりやすい、自分にあった印刷会社さまをご利用ください。

ついでに、私が自作した原稿用紙は以下のような感じです。

本文用原稿用紙

この青い線なんじゃ!! という感じですが、フォトショップのガイドという機能を使ってひいてます。
一応天地左右3mmたちきりの分と、原稿用紙に装飾をほどこすためのアタリ線を引いてます。恐らく自分にしかわからない(・・・)
ついでに出来た原稿が下のものです。

原稿完成

ややこしい線ひいてるわりにものすごく単純なデザインですね!!


一応データ原稿の説明はおわります。
とりあえず、次からは新規作成でデータ原稿を作って行きたいと思います。













テーマ : ヲタクのメモ - ジャンル : 日記

03:48  |  同人誌の作り方~データ原稿編~  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。